2017年10月16日月曜日

ツインタワーから徒歩圏内 
高級コンドミニアム『MEWS』(ミューズ)堂々完成!
(三井不動産とE&O社合併プロジェクト)


以前にもブログにてその期待度、ゴージャス度をお伝えしていた都市型コンドミニアム『MEWS』(ミューズ)が20135月竣工から4年の時を経て堂々完成致しました。





MEWS』はヤップ・クワンセン通り(Jalan Yap Kwan Seng)沿いの1.29エーカーの敷地に建設された高級コンドミニアム。38階建ての2棟からなる物件です。


開発のコンセプトとして、女性目線という独自の特色を掲げており、美的感覚を刺激するデザインとなっているほか、特に厳重な警備体制で安全に暮らせることを強調しています。広いワードローブ(衣装収納スペース)やビルトインの広い冷蔵庫、使いやすいキッチンシステム、スタイリッシュなバスルーム(バスタブも付いてます!)部屋を見た女性スタッフが「おしゃれ!」「収納や台所やバスルームが!機能的」と目をキラキラさせていました。


実際、5ツ星ホテルと見紛うばかりの仕上がりでそれもそのはず
開発会社は、ペナン島で植民地時代から130年ほどの歴史を刻むE&OEastern and Oriental)ホテルやローン・パイン・ホテル(Lone pine Hootel)を所有するE&0社、(ブキビンタンエリアの高級コンドミニアムのSt.Mary Residenceなども、手掛けた物件として有名ですね。)

さらに、ご存知日本最大手、信頼と実績の三井不動産。
この2社がパートナーシップを組んで取り組んだ物件なので、
弊社も絶対的に自信を持ってお客様にお勧めできるわけです。




さらにおすすめポイントとしては、「すぐに住める!」ということ。
KLの物件は着工から完成まで、契約してからも4,5年は待つことがほとんど。
こちらは完成物件なので、シンプルに、気に入ったら買っちゃって下さい。

都心の割に部屋からの景色も素晴らしく日本人のセカンドホームにぴったりの物件です。



現在の特典として、今なら10%引きの価格で購入可能です。
また物件の代金に対して約2%掛かるとされている弁護士費用も開発会社が負担してくれます。


物件内容も価格も今なら非常に魅力的ですのでぜひご検討ください。



   #1                  #2                       #3


1. 1ベットルーム(タイプA & A1)広さ約85㎡ 価格RM1,654,200(約4466万円~)
2. 2+1ベットルーム(タイプC) 広さ約135㎡ 価格RM2,388,600(約6449万円~)
3. 3+1ベットルーム (タイプD)広さ約191㎡ 価格RM 3,521,700(約9508万円~)
      価格の詳細についてはお問い合わせ下さい。    日本円(1RM= 27円で計算)



ここまでの『MEWS』の魅力まとめ!

  • KLツインタワー徒歩圏内(約9分)

  • 5ツ星ホテル並みの外観、警備、コンシェルジュサービス

  • 部屋の内装つくりが、女性も納得、スタイリッシュ&システマティック!

  • 屋上(37階)庭園から、すぐ近く、きれいにツインタワーが見れます。

  • ビルトイン収納たっぷり!キッチン家電もビルトイン!

  • バスルームも5ツ星ホテルスイート並み(バスタブに浸かってKLの夜景が見える!)

  • 充実の館内設備!(プール、ジム、屋上庭園、スカッシュコート、ラウンジ等々)






本日、その完成した『MEWS』(ミューズ)の内覧をしてきましたので

写真でご紹介させて頂きます。



残念ながらこの日は雨でしたが、この豪華な景観。
プールに浸かって景色を見るとどんな気分なんでしょうね。


子供用のプールです。




最新設備を備えたジムです。



スカッシュコート 


エレベーターは信頼のドイツ製です。


屋上 ルーフトップガーデンからの景色
ツインタワーもKLタワーも間近に見えます。
この日はあいにく雨でしたがこの絶景、360度、素晴らしい眺望を堪能頂けます。

三井不動産、E&O社の各担当のお二人と弊社の石原




次はお部屋の内部をご紹介します。

マスターベットルーム (主寝室)イメージ


リビング&キッチンイメージ


機能的で使いやすいキッチン

 ビルトインで壁に家電がすでに設置済み
(冷蔵庫、オーブン、電子レンジ)


ビルトインクローゼット、3面天井までの広い収納がこのとおりすっきり(左写真)
開けると 広い収納が現れます。





ベットルームからの絶景、ゴージャス!
この部屋からは西側の窓からツインタワーが見えました。




ホテルのようなバスルーム
バスタブに浸かって、バスルームの窓(ブラインド付き)から景色を楽しむことも可能


いかがでしたか? 物件詳細情報はコスモスプランまでお問い合わせ下さい。























2017年9月6日水曜日

「加美レジデンス(旧モントキアラレジデンス)」販売開始致しました!


日本人が集中して住むモントキアラ地域で初めての日本人駐在員向け賃貸コンドミニアム登場!

遂に7月末から販売開始致しました!

7月末の販売開始以来、以前からご予約を頂いていたお客様やセミナーご参加のお客様も含め、徐々にお申し込みが入ってきています。やはり人気の階数やお部屋タイプから埋まってきています。それでも未だ未だお選び頂く事は可能です。早期割引やお申し込み者様限定の特典があるこの機会にぜひご購入を検討されては如何でしょうか?





さて「加美レジデンス」 が如何に良いか、下記をご確認下さい♪

お薦めポイント
日本人駐在員とロングステイ客用の賃貸コンドミニアム。一部欧米人等もテナントとなる想定
物件は日本人仕様(バスタブ、ウォシュレット、玄関等) 
和食レストラン、コンビニ、託児所等も建物内に運営予定 
施設は、プール、ジム、共同浴場、日本庭園、図書室、24時間守衛、日本語対応のコンシェルジュサービスを予定
マレーシアの良さ(高い天井、広いスペース、豊富な植栽)も維持 
ペットを飼える物件。(現地はペット不可のコンドが殆どで、ペット可コンドの需要は高い) 
物件管理・修理チームを常駐させ修理、管理に重点(現地は個人オーナーから物件を借りるケースが殆どで、入居後の管理、修理に多くの日本人が不満を持っている
オーナー様に当初2年は5%、3~5年目は6%の家賃保証 
物件管理は開発会社と弊社(アパマンショップマレーシア店)で 








他、立地がとても良いんです!
モントキアラは元々、東京で言う広尾や麻布の様なエリア、高級住宅地で治安も良いんです。30年程前に外国人駐在員の為に開発された町です。
特に日本人には人気の有るエリアでクアラルンプール在住の邦人が40%以上住んでいるんです!
ちょっと郊外ですが、クアラルンプールの都心から北西約7KM、3つの名門インターナショナルスクールが有り、日本人学校への通学バスルート、沢山運行していますよ~。 
物件周辺には多くのショッピングモールやレストラン街が有り、買い物、食事に便利!和食レストランや日本人クリニック、学習塾が揃っていて日本人の生活に便利なエリアです♪








 ☆お部屋はこんな感じをイメージしてくださいね。




最新のお知らせ ※何と!10月中旬にはモデルルームがご覧頂けますよ~。
次回にはモデルルーム内部もご紹介出来ると思います。
楽しみにしていて下さい。

お部屋の間取り等はこちらのリンク先からご確認下さいね。

お問合せ、ご質問等ありましたら、お気軽にご連絡下さい。
待ってま~す♪







2017年3月28日火曜日

ルセンティアレジデンスのご紹介(BBCC内)


本日は、KL都心の大規模再開発である「ブキビンタン シティセンター」プロジェクトとその一角を占める「ルセンティアレジデンス」をご紹介致します。

まず、ブキビンタン シティセンターですが、現地では「Bukit Bintang City Centre」と表記され、その頭文字を取って、「BBCC」と呼ばれています。

KL都心にあったプドゥ刑務所跡地の再開発案件です。

BBCCの周辺には、モール、高級ホテル、オフィスビル、家電量販店などがあり、KLでも有数の繁華街エリアです。




BBCCには、以下の建物が建設される予定です。

2021年頃の完成予定
・ショッピングモール(三井不動産のららぽーとが予定)
・エンターテイメント施設(映画館、ライブホール、工芸品マーケット)
・4ツ星ホテル
・分譲オフィス
・ルセンティアレジデンス(コンドミニアム)

2026年頃の完成予定
・3棟のコンドミニアム
・分譲オフィス
・80階建てタワー

また、BBCCは既存のハントゥア駅(2路線)と建設中のムルデカ駅に接続します。



BBCCの開発会社は、
現地の上場会社である「Eco World Development Group(2011年創業)」、
政府系不動産開発の「UDA Holdings(1971年創業)」、
政府系年金ファンドの「Employees Provident Fund Board(1991年創業)」
の合弁会社です。

合弁会社のメインとなるEco World Development Group は、KLでは「Eco Sky(2017年12月完成予定)」というプロジェクトを手掛けています。

Eco Skyのイメージ


以下の動画は、BBCCの全体を紹介した動画です。

今回紹介する「ルセンティアレジデンス」は47階と35階建ての2棟編成で、計666邸です。


現在販売されている47階の棟の方で、35階建ての棟の販売時期は、正確にはわかりませんが、年内と言われています。

ルセンティアレジデンスの特徴は、35階に設置されたインフィニティプールや、ロビーやエントランスの豪華さにあります。


35階インフィニティプール


ロビー

お部屋は、51.5㎡の1ベッドから、79.8㎡の2ベッドまであります。

現在、都心の方向を向いた北側のお部屋は、完売してしまいましたが、南側にまだ空きがございます。


南側の45階からの眺望


北側の45階からの眺望

お部屋の間取り
1ベッドルーム(51.5㎡、約2,500万円~、RM1=26円)


1+1ベッドルーム(60.8㎡、約2,700円~)


2ベッドルーム(79.8㎡、約3,530万円~)

※上記の価格は、現在(2017年3月)の特典である5%+RM10,000の割引を引いた後の価格です。

お部屋のイメージ






物件のより細かな説明は、弊社のホームページをご覧下さい。
http://totalmalaysiafudosan.jp/property/?mode=b&id=293

ルセンティアレジデンスは、現在9名様にご購入していただきました。

多くの方が、別荘用の方としてご購入されました。

また、投資用として、数名の方がご購入されました。

現地の銀行の融資を使用した場合、物件価格の50~70%まで融資がおりる可能性があります。

その場合は金利は、4.3~5.3%程度です。(日本の融資の金利に比べるとかなり高いですが、マレーシアの1年の定期預金の金利が3%前後のため、差が生じます。)

賃貸で貸出した場合、主となるテナントは、外国人駐在員の若夫婦です。

ローカルのテナントは一部見込めます。

以上になりますが、その他質問がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

最後までご覧下さいましてありがとうございます