2017年3月28日火曜日

ルセンティアレジデンスのご紹介(BBCC内)


本日は、KL都心の大規模再開発である「ブキビンタン シティセンター」プロジェクトとその一角を占める「ルセンティアレジデンス」をご紹介致します。

まず、ブキビンタン シティセンターですが、現地では「Bukit Bintang City Centre」と表記され、その頭文字を取って、「BBCC」と呼ばれています。

KL都心にあったプドゥ刑務所跡地の再開発案件です。

BBCCの周辺には、モール、高級ホテル、オフィスビル、家電量販店などがあり、KLでも有数の繁華街エリアです。




BBCCには、以下の建物が建設される予定です。

2021年頃の完成予定
・ショッピングモール(三井不動産のららぽーとが予定)
・エンターテイメント施設(映画館、ライブホール、工芸品マーケット)
・4ツ星ホテル
・分譲オフィス
・ルセンティアレジデンス(コンドミニアム)

2026年頃の完成予定
・3棟のコンドミニアム
・分譲オフィス
・80階建てタワー

また、BBCCは既存のハントゥア駅(2路線)と建設中のムルデカ駅に接続します。



BBCCの開発会社は、
現地の上場会社である「Eco World Development Group(2011年創業)」、
政府系不動産開発の「UDA Holdings(1971年創業)」、
政府系年金ファンドの「Employees Provident Fund Board(1991年創業)」
の合弁会社です。

合弁会社のメインとなるEco World Development Group は、KLでは「Eco Sky(2017年12月完成予定)」というプロジェクトを手掛けています。

Eco Skyのイメージ


以下の動画は、BBCCの全体を紹介した動画です。

今回紹介する「ルセンティアレジデンス」は47階と35階建ての2棟編成で、計666邸です。


現在販売されている47階の棟の方で、35階建ての棟の販売時期は、正確にはわかりませんが、年内と言われています。

ルセンティアレジデンスの特徴は、35階に設置されたインフィニティプールや、ロビーやエントランスの豪華さにあります。


35階インフィニティプール


ロビー

お部屋は、51.5㎡の1ベッドから、79.8㎡の2ベッドまであります。

現在、都心の方向を向いた北側のお部屋は、完売してしまいましたが、南側にまだ空きがございます。


南側の45階からの眺望


北側の45階からの眺望

お部屋の間取り
1ベッドルーム(51.5㎡、約2,500万円~、RM1=26円)


1+1ベッドルーム(60.8㎡、約2,700円~)


2ベッドルーム(79.8㎡、約3,530万円~)

※上記の価格は、現在(2017年3月)の特典である5%+RM10,000の割引を引いた後の価格です。

お部屋のイメージ






物件のより細かな説明は、弊社のホームページをご覧下さい。
http://totalmalaysiafudosan.jp/property/?mode=b&id=293

ルセンティアレジデンスは、現在9名様にご購入していただきました。

多くの方が、別荘用の方としてご購入されました。

また、投資用として、数名の方がご購入されました。

現地の銀行の融資を使用した場合、物件価格の50~70%まで融資がおりる可能性があります。

その場合は金利は、4.3~5.3%程度です。(日本の融資の金利に比べるとかなり高いですが、マレーシアの1年の定期預金の金利が3%前後のため、差が生じます。)

賃貸で貸出した場合、主となるテナントは、外国人駐在員の若夫婦です。

ローカルのテナントは一部見込めます。

以上になりますが、その他質問がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

最後までご覧下さいましてありがとうございます



2017年3月23日木曜日

ビアレジデンスのご紹介(KLエコシティ内)


本日は、ビアレジデンスという「駅近・モール隣接」の希少な物件を紹介します。

ビアレジデンスは、KLの新規の大型プロジェクトである「KLエコシティ」の一角を占める物件です。

KLエコシティは、大型ショッピングモールで有名なミッドバレー地区に隣接しています。

最寄り駅まで徒歩5分程度です。

最寄り駅からKLの基幹駅である「KLセントラル駅」まで2駅、ツインタワーの最寄り駅である「KLCC駅」まで7駅と都心へのアクセスが良いです。

そして、世界最大級と言われる日本人交流会である「日本人会」までは、徒歩25分程度です。



KLエコシティは、オフィス、住居、店舗区画、モスクが一体となった大規模開発プロジェクトです。


プロジェジェクトの全体イメージ1


プロジェクトの全体イメージ2

赤枠で示した建物がビアレジデンスです。

KLエコシティは、マレーシアの不動産開発の最大手の一社である「SP Setia」が手掛けています。

プロジェクトの総敷地面積は、東京ドーム約2.2個分(約10万㎡)です。

全体的な設計は、六本木ヒルズや大阪のなんばパークスを手掛けた「JERDE」が担当しています。

工事はすでに着工済みで、オフィスや住居の躯体が完成しています。
(ビアレジデンスの躯体の建設はこれから開始されます)











KLエコシティに隣接したザ・ガーデンズとメガモールは、東南アジア最大級の規模を誇るショッピングモールです。

ガーデンズには、ルイビトン、グッチ、フェラガモ、バーバリー、プラダ、ランセル、ロンシャン、プリティバレリーナなどが出店しています。

日系では、伊勢丹やミュゼプラチナムが出店しています。

参照:http://thegardensmall.com.my/

また、メガモールには、ソニー、無印良品、イオン、ダイソー、吉野家などが出店しています。

参照:http://www.midvalley.com.my/

そのため、KLエコシティは、日系テナントも多くする大型ショッピングモールに近く、日本人会にも近く、さらに駅近であるため、ロングステイにピッタリの立地です。

今回ご紹介するビアレジデンスは、ホテルと一体型の40階建てのコンドミニアムで、ホテルが256室、住居が326室あります。

共有施設が充実しており、特徴的なのは屋上にプールがあります。
詳細は、下記のビアレジデンスの紹介ビデオをご覧ください。

お部屋は、60㎡の1ベッドから121㎡の3ベッドまであります。

間取りを一部を紹介します。






価格は、外国人が購入できる最低価格である2,600万円からあります。

支払方法は、契約時に10%を支払い、竣工時に90%を支払うかたちになっています。

マレーシアの新築物件ですと、3~5年の間に約10回に分けて、支払っていく場合が多いのですが、ビアレジデンスは異なり、買い手に有利な仕組みになっています。

物件のより細かな説明は、弊社ホームページに記載していますので、是非ご覧下さい。
http://totalmalaysiafudosan.jp/property/?mode=b&id=289


最後までご覧下さいましてありがとうございます



2017年3月17日金曜日

KL Gateway モール - 若い世代の集まる場所



こんにちは。この前KL Gatewayモールに行ってきました。


新しいモールなので皆さんにご紹介しようと思い、ブログを書いてみました。

モール建物の外観
KL Gatewayモール実は都会の真ん中よりちょっとだけ離れた所にあり、マラヤ大学と一番近いの駅はここになるため、青年や大学生が集まる場所になると思います。

そういうわけで、3月2日オープンしましたこのモールはMidvalleyや、KLCCPavillionSunway Pyramid に続けて次の人気モールを目指したいと思われ、ミドルクラスあるいは学生向けのモールとでも言いえるでしょう。


駅から直結です (駅は右方向にあります)
連絡橋です

アクセスはもの凄く便利です。KL GatewayモールはKLCCBukit Bintangのような渋滞の問題は無いため(昼食事の時間は特に)、BangsarやTaman Desaから車でも行けますし、肝心なのは駅直結の連絡橋がありモールまでは直結なので、雨にも濡れずに済みます。若者たちにとって、このモールは人気スポットになるに違いありません。


現在経営している店リスト

今のところ空室率は25%くらいで、現在経営している店も若い人向けの人気店ばかり。そのためか、モールの中はインターネットWifiが無料使えます。

こんにちは!マスコットさん


オープン二日目に行きましたが、とても人が多かったです。

マレーシアの人達は新しい場所が好きなんですよね。(笑)



人の数はすごい!


他のお店の紹介をしましょう。
宅配サービス店 
ペットショップ
タルト屋さん


コンビニ


喫茶店


飲み物屋さん


喫茶店
広場


広場


麵蔵ラーメンもうすぐオープン!


洋服屋さん
広場


Daisoに続いて、Yubisoもオープン予定


散髪屋


美容院


スポーツ用品


中華料理


中華料理店


タイ料理
栄寿司 (長蛇の列)
マレーシアでも寿司屋は流行ってます


モールの中はざっとこんな感じでした。店は良く揃ってると思います。KL Gatewayモール巡りは楽しかったです。また来ようと思います。

ちなみに私たちも栄寿司でランチを食べました。美味しかったです。




PJ ジャック