2016年8月24日水曜日

マレーシアバドミントン代表


今朝のスター紙にオリンピックのマレーシアバドミントン代表で銀メダルを獲得した Lee Chong Wei氏がコンドの1室(150万リンギット/3,800万相当)を授与されたとの記事が掲載されていました。




マレーシアではバドミントンは国民的スポーツで日本でいうサッカーや野球のように人気があります。
今回のオリンピックもものすごく注目されていました。


それにしてもコンドの他にRM63万の報奨金、車や高級家具、また特別年金の支給等となかなかの好待遇です。


ちなみにこちらの物件はTaman Maluri 地区に建築予定で、ローカルなエリアではありますが外国人も購入可能です。



最後までご覧いただきありがとうございます
にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ

2016年8月1日月曜日

ナインセプテ KLの立地と価格面で推奨の物件



本日は、「ナインセプテ」というKLの物件をご紹介します。

まずは、ショールームや建設現場を撮影してきましたので、下記の動画をご覧ください。

ナインセプテは、タマン・セプテ地区の約7万㎡の敷地に9棟のビルが建つプロジェクトです。

今回は、その中の4棟編成43階建て全824邸のコンドミニアム(VIVOレジデンシャル・スウィートと言います)をご紹介します。



物件はKLの都心に近く、ペトロナスツインタワーがある都心までは道のりで約10km、

KLの交通網の拠点であるKLセントラル駅までは約6kmです。



また、物件の近くには、50年余の歴史を持ち会員が約4,900人にいる「KL日本人会」や、伊勢丹やイオンが入る東南アジア最大級の規模を誇るショッピングモール「ミッドバレーメガモール」があります。

この地区は、KLの主要地区へのアクセスが良い場所なのですが、将来はさらに交通の利便性が向上します。

というのも、現在新しい高速道路と繋がるバイパス道を物件の側に建設中で、また正式には公表されていませんが、将来モノレールの新駅と物件が直結する予定があるからです。





開発会社は、「MRCB(Malaysian Resources Corporation Berhad )」という政府系の大手開発会社です。

MRCBは、超高層ビルが建ち並ぶKLセントラル駅周辺の街開発を行い、巨大なビジネスエリアに発展させたことでも有名です。

KLセントラル駅周辺


物件にはショッピングモールやソーホーが併設し、買物や外食の利便性は高いです。



ショッピングモールのイメージ


また居住者用の共有施設は、インフィニティプール、ジム、サウナ、パッティング・グリーン、バスケットコート、スカイラウンジなどがあります。

インフィニティプールのイメージ


スカイラウンジのイメージ


プールやパッティンググリーンの模型


お部屋は3ベッドルーム(2浴室)以上で、一番小さいお部屋でも99㎡あります。

キッチン周りの設備や家電(冷蔵庫、換気扇、オーブン)は開発会社より提供されます。

天井の高さは3mあり、とても開放感があります。

ショールームの写真(115㎡、3ベッドルーム、2浴室)

リビング


ダイニング


キッチン


主寝室


第2寝室


第3寝室


主寝室の浴室


物件の品質は大手開発会社が手掛けるため、かなり良いものになると予想されます。

価格は、平米単価で24万円からです(1リンギット=26円で計算)。

都心の物件と比べたら半額以下の価格です。

また近隣の物件に比べても低い価格で設定されています。

但し、権利関係は99年間の借地となります。

また、引き渡し後すぐに賃貸に回したいという方には、開発会社が購入価格の5%を3年間家賃保証するプランがあります。

長期で見るとマレーシアでは不動産価格が上昇傾向にあるので、3年間家賃保証を受け、その後転売益を狙うという戦略も考えられます。(参照:ナインセプテ家賃保証の魅力

弊社としては、この物件が都心から近く、また「KL日本人会」や「ミッドバレーメガモール」に近いことから日本人が住みやすい地域にあり、ショッピングモールやプールなど施設も充実していることから、KLの物件の中でも特にお勧めしていました。

価格も魅力的です。

しかし、この物件は現地の人にも大変人気があり、残りの戸数はごく僅かになってしまいました。

そのため、この物件にご興味のある方は、早目のご連絡をいただければ幸いです。

最後に、現在は2014年の販売当初に比べ円高のため、価格が円換算で20%近く下がっています。
(参考:販売当初のディベロッパーとの共同セミナー風景

マレーシア不動産に投資するには良い機会だと思いますので、是非ご検討下さい。

物件は弊社ホームページでも紹介しています。

お問合せ先
KLオフィス
TEL: +603-7955-8553
E-MAIL: kladminjp@cosmosplan.jp

資料請求先
東京オフィス
TEL:03-6661-7683
E-MAIL:fudousan@cosmosplan.jp

その他の写真

ショールーム

リビング






ダイニングとキッチン










主寝室















第2寝室













第3寝室










セールスギャラリー










建設現場




周辺環境(オールド・クラン道)




歩道橋の裏手にモノレールの新駅が設置される予定です




大箸


最後までご覧いただきありがとうございます
にほんブログ村 住まいブログ 海外不動産・海外住宅へ